ワークモデルメソッド入門WEB講座

ワークモデルメソッド入門WEB講座は、2月15日~2月26日の会期で開催のテクニカルショーヨコハマ2021(テクヨコ2021)にて受講者を募集中です。ワークモデルメソッドのリーフレットや申し込みも可能になっていますので是非ご訪問ください。


コロナ禍の今こそ、シンプルで強力な仕事術を!


「プレーモデル」がベルギーを勝利に導いた

後日、元全日本監督の岡田武史氏が語る、ヨーロッパサッカーにおける「プレーモデル」(選手全員が身に付ける、ゲームの各局面に対する共通の判断・行動基準)の存在を知った時、試合後のインタビューで西野監督が自問した「なにが足りないんでしょうね…」の答えは、このプレーモデルの存在なのだと、私たちは確信したのです。

プレーモデルとは自律的な選手とチームを育てる

岡田氏は、自著でプレーモデルを「主体的にプレーできる自立した選手と自律的なチームを育てることを目的とした、サッカー指導方法論の体系」とし「プレーモデルが確立されればW杯で優勝が争える日が来ると信じている」と語っています。

 

ワークモデルはプレーモデルの思想をヒントに

ワークモデルはプレーモデルをヒントにして生まれました。誰もが共通の価値観や行動基準で自分の仕事の目的と内容を明確にするためのメソッドです。これにより得られる、一人ひとりの自律性とその結果として得られるチーム力は大きな力を生みます。

後日、元全日本監督の岡田武史氏が語る、ヨーロッパサッカーにおける「プレーモデル」(選手全員が身に付ける、ゲームの各局面に対する共通の判断・行動基準)の存在を知った時、試合後のインタビューで西野監督が自問した「なにが足りないんでしょうね…」の答えは、このプレーモデルの存在なのだと、私たちは確信したのです。

WCで勝てるチーム=継続的に価値を生み出す会社

岡田氏は、自著でプレーモデルを「主体的にプレーできる自立した選手と自律的なチームを育てることを目的とした、サッカー指導方法論の体系」とし「プレーモデルが確立されればW杯で優勝が争える日が来ると信じている」と語っています。

個の力をチーム力に活かすための強力なメソッド

ワークモデルはプレーモデルをヒントにして生まれました。誰もが共通の価値観や行動基準で自分の仕事の目的と内容を明確にするためのメソッドです。これにより得られる、一人ひとりの自律性とその結果として得られるチーム力は大きな力を生みます。

イノベーションは仕組みからではなく、良い製品を生み出そうとする毎日の切磋琢磨から生まれる(スティーブ・ジョブズ)

中小企業の限られたリソースで、切磋琢磨する人材とチームはどのようにすれば生まれるのでしょうか。そのヒントがサッカーにおけるプレーモデルにありました。

ワークモデルメソッドはサッカー生まれの仕事術

2018年FIFAワールドカップ決勝トーナメントの日本対ベルギー戦のアディショナルタイムでの失点を覚えている方は多いと思います。終了30秒前に始まった、ベルギーチームに勝利をもたらす、スピード感のあるシステム的な反撃は、ベルギーチームにはあって日本チームにはない何かを見せつけました。攻撃的に最後まで攻め続けた日本でしたが…


2018FIFA World Cup ベルギー対日本
アディショナルタイム 本田圭佑選手フリーキック(1:40:44)

攻め続き得る日本チーム。最後のチャンスだったが... 

試合を振り返って... 西野監督のインタビュー(1:49:06)

「何が違ったんでしょうか... 」自問する西野監督



ワークモデルメソッドとは

ークモデルは、業種や業態、職業によらない仕事の基本形のようなものです。いわば、ビジネス活動のエッセンシャルな要素をモデル化したものです。会社や店舗レベルの仕事はもちろん、会社の中の部門、その中で働く社員一人ひとりの仕事に対しても適用できます。対象となる顧客は社外でも社内でも適用可能です。

ワークモデルは極めてシンプルです。お客様にとっての価値と課題解決を目的とし、自らの知識や経験、パートナーと共に解決策を考え、どのように工夫したらお客様の期待に応えられるかを試行錯誤して成果を提供すること、そして成果の価値を常に検証することで、次に活かすという仕事の循環性をモデル化したものです。

このことは、ある人にとっては当たり前のことですが、別のある人にとっては考えたことのないことだったりします。つまり、一人ひとりの個人特性に任せておくと、仕事に対する価値観や行動基準は一人ひとりまちまちになり、強いチーム力は期待できません。

限られた経営資源とくに人材を最大限に活用する必要がある中小企業経営者にとって、まちまちな一人ひとりの仕事に対する価値観と行動基準をビジネスの勝利に向けて一つにすることは、これからの経営では大きな武器になります(ワンチーム経営)。

特に、コロナ禍でのテレワークを採用している企業では、平時は「職場」というなんとなくでも一体感を作っていた環境が無くなり、ネットでつながる「バーチャル職場」では、仕事に対する価値観の拠り所がありません。こんな時は、一人ひとりが全体を意識して、自律的に仕事をする意識を作ることこそ、チームを一つにする鍵になります。

ワークモデルメソッドは、それぞれのミッションを元にして、会社の仕事→チームの仕事→一人ひとりの仕事 という流れで、同じモデルを使って考えます。これにより、一人ひとりの能力や個人特性が、チーム力そして企業力に繋がるという好循環を生みます。

モデルがシンプルで、誰にも分かり易い思考パターンに基づいているので、一旦使い始めると、意識の中に残り続けます。チーム全員が共通の思考パターンを持つことの価値を是非体験してみてください。


入門Web講座のお申し込みはこちらから

お申し込み要領

【日 程】 どちらも同じ内容です。

① 2月24日(水) 17:00 -19:00

② 3月6日(土) 15:00 – 17:00

お申込後にWeb接続URLをご案内します。

【受講料】 無料

【お申し込み方法】右の二次元バーコードまたは申し込みボタンから、申し込みフォームをご利用ください。

【受講申し込み特典】

テクニカルショーヨコハマ2021出展記念として、当協会監修の小冊子≪自分でできる補助金・助成金必勝法≫2021年度版をダウンロードいただけます(講座の最後でご案内)。

 

<特典小冊子の概要>

  • 補助金・助成金を始める前に知っておきたいこと
  • 知っておくと得、採択されやすい事業計画作成のコツ
  • 助成金をもらう準備と自社に合った助成金の選び方
ダウンロード
ワークモデルメソッド記入シート(フリーDL)
workmodel_method_worksheet210224.pptx
Microsoft Power Point プレゼンテーション 195.4 KB

【お申し込み方法】右の二次元バーコードをスマホで読み取るか、こちらのリンクから申込みフォームへ 。